お墓の悩み

こんにちは!ご縁道の淺野です。

最近、お盆を前にテレビでは、
墓じまい、散骨、合葬墓、樹木葬など
現代のお墓への悩みと
これからのお墓の在り方について
報道されているのを目にします。

少子高齢化が進み、
誰がこの先このお墓の守っていくのか、
皆さんの悩みとなっているようです。

そんな悩みを持った方々が
合葬墓の内覧会に約1400人も
参加されたそう。

合葬墓,墓じまい,終活

合葬墓,墓じまい,終活

 

祖母が亡くなり、
お葬式で悲しんでいると
ある住職さまが
教えてくださりました。

「今、自分が生きていられるのは
ご先祖様のお陰です。

2の2乗で計算してごらん、
10代遡ると2046人
たった250年くらいの事だよ。
その2046人のDNAと人生が
君に繋がったんだ。

合葬墓,墓じまい,終活

あなたの人生に色々あるように
ご先祖様たちにも
その時代に生きた
様々ストーリーがあった。

誰一人かけてもあなたの存在は
ここにはなかった。

想像してごらん?
感謝の気持ちが湧いてくるでしょう。

今からでも恩返しはできるよ。」

それからお墓参りに頻繁に
行くようになりました。

以前は先祖のための

お墓参りだと思っていましたが、
お墓へ来ると祖母となにげない会話をしてしていることに
気づきました。

先祖のためではなく、
残された者の心の拠り所になっています。

「また来るね。」とお別れを告げると
自分の生き方を見つめ直す気持ちにもなります。

先祖代々、気持ちを紡いできたお墓の存在。
目先だけことにとらわれず、
長い視野を持って家族同士
話し合っていただきたいと思います。

ご縁道では、墓守のお手伝いをしています。
お気軽にご相談ください。

お墓参り代行
https://goen-do.com/daikou/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です