行き詰ったとき、決断に迷ったとき、嬉しいことがあったとき。

お墓清掃をしていると
お墓参りに来られている方と
出会います。

そのほとんどの方が
「今日はお母さんの好きな花を持ってきたよ」

「なかなか来れなくてごめんねー」

など、故人と会話をされています。

できるだけお邪魔にならないように
作業の手を止めたり、
別の場所に移るなどして
会話を妨げないように心がけます。

 

お墓参りは故人のためではなく、
自分のためでもあります。

こんな文章があったので
ご紹介いたしましね。

行き詰まったとき。
あの人の墓を訪ねよう。
墓を前に、彼が生きてきた時代を想うと
自分が小さな世界でもがいていたことに気づき
新たな希望がもてるかもしれない。

決断に迷ったとき。
あの人の墓を訪ねよう。
墓を前に、彼の生き方を想うと
彼と同じように自分もできるはずだと
勇気を持てるかもしれない。

嬉しいことがあったとき。
あの人の墓を訪ねよう。
墓を前に、彼に報告しよう。
いつも励まし、勇気づけてくれてありがとう、と。
忘れかけていた感謝の気持ちを思い出させてくれる。

墓は私たちに語りかける。
悔いのないように生きなさい、と。

遙か昔、縄文時代から墓は造られ、
そしてそれは人が確かに生きていたという証です。

「有名人の墓巡礼」扶桑社引用

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です